投稿者「ayamelog.net」のアーカイブ

介護で辛くなったら相談しよう

介護における精神的負担

介護は家族であればして当然という風潮があります。
しかし、実際には介護というのは一時的なものではなく、何年、何十年と続くものです。
特に近年では少子高齢化が進んでいることもあり、介護における一人当たりの負担はかなり大きなものになっています。

こういった状況から介護をしている中での精神的、肉体的な負担からつらい思いをしている人も多いです。
介護があるために友達と出かけられない、介護があるために仕事が思う存分できない、など制約も出てくることがあります。
介護で負担が重なってくると被介護者が体調を崩したり精神的なバランスを崩したりして病気になってしまったり、トラブルを起こしたりすることもあり、未然に防ぐことが大切です。

在宅介護に限界を感じたら

在宅介護が続くと介護疲れによって体調を崩したり精神的なバランスを崩したりする可能性があります。
介護者も被介護者も共倒れになるような状況は避けるべきです。

そこで、最近では介護に対して一人で立ち向かうのではなく社会全体で支えようという風潮が出てきています。
在宅介護の悩みは抱え込まず必ず周囲に相談をするようにしましょう。

在宅介護の限界を感じたら取り組みたいこと

在宅介護に限界を感じたら、まずは一人で抱え込まないようにすることです。
自分がつらい思いをしていることは周囲に伝えていかないとなかなか伝わりません。
特に介護は孤独になりがちですから、自分の気持ちを共有できる相手を見つけるようにしましょう。

介護の相談はケアマネジャーや地域包括支援センターといったところや高齢者福祉課、病院など様々な場所で相談をすることができます。
すぐに対処法が見つからなかったとしても、まずは相談ができただけでも精神的に楽になることも多いです。
抱え込みすぎず、まずは相談をする機会を設けましょう。

次に受けられる介護保険サービスやケアプランは積極的に受けるようにします。
現状のプランが合っていなくてより介護を必要としている場合も少なくないです。
自分の状況とどういった改善が必要か、ということをケアマネジャーと話し合うだけでも自宅での新たな取り組み方が見いだせたり、新しい介護保険サービスを試してみたりといった建設的なアクションを提案してもらうことも可能です。

もしも介護の必要度が高まり、自宅でも24時間ずっと介護が必要な状況になってきたら施設への入所も検討する必要があります。
在宅介護をしている人は施設に入所させるとかわいそう、といった不安を感じる人もいますが被介護者が先にダウンしては意味がないです。
無理なく介護ができる環境が介護者にも被介護者にもベストな環境ですから、施設入所も一つの方法として検討してみましょう。

転倒を防止して怪我から守ろう

高齢者に多い転倒事故

高齢者になるとどれだけ気を付けていても予想もしなかった場所で転倒してしまうことがあります。
そして、転倒をした際に大きなけがをしてしまうことも少なくないです。

高齢になって転倒事故を起こし入院生活をすると、体の筋肉が著しく落ちてしまったり、認知症の予備軍になってしまったりといったトラブルの原因となることもあります。
そこで、日頃から転倒防止のためにできる対策はしておくことが大切です。
住み慣れた家であっても突然転倒することもありますから、今一度転倒防止のためにできる取り組みを確認しておきましょう。

転倒防止のためにできること

転倒防止のために誰もが最初に取り組むのがバリアフリー化です。
しかし、バリアフリーをしただけでは店頭鵜を完全に予防できるわけではありません。

高齢者の転倒対策としては、バリアフリーはもちろんですが、それ以外にも転倒した際のダメージを減らすことを考えることが大切です。
高齢になってくると反射神経が鈍ってくるために転ばないようにと手を出そうとしても思うように出せなかったり、思っている通りに体が動かせなかったりすることで転びやすくなりますし、転んだ際の受け身がうまく取れなくなります。
そこで転倒した際に受けるダメージも大きくなりやすく、場合によっては頭にダメージを負ったり寝たきりになったりする可能性もありまるからできるだけ転倒した際のダメージを軽減させるのはとても大切なことです。

高齢者は人によって転倒しやすい場所、歩き方のクセといったものがあります。
特に人によっては麻痺が出てくることもありますから、そういった場合には対処が必要な場面も違ってくるものです。
そこで、その人の歩き方に応じて必要な対処を考えていきましょう。

転倒しやすいシチュエーションを減らす

転倒防止のためには転倒しやすい場面を減らすことも大切です。
例えば、高齢者が転びやすい場面として座っている状態から立つとき、後ろを振り返る時といったものがあります。
そこで、立ち上がる時には介助をするようにしたり、後ろを振り向かないように声をかけないようにしたりということも大切です。

他にも人によって苦手な動きがあるものです。
歩きながら別の行動をしようとしたり、ドアを開けたりトイレのふたの開閉をしたり、などといったものは苦手に感じている人も多くいます。
やはり、手が自由な状態が維持できないと転びやすいですし転んだ時のダメージも大きくなりやすいです。

そこで、できるだけ手が常にフリーな状態にできるよう配慮をすることも大切になってきます。
洋式トイレのふたは常に開けておくようにしたり、歩きながら手がふさがらないようにものは持たないようにしたり、そういった工夫だけでも転倒防止には大きく役立つのです。

在宅介護での薬の管理や飲み忘れ防止策

在宅介護で意外と多い薬の飲み忘れ

在宅介護をしていると毎日いろいろなことの介助をする必要があります。
介護をしている人たちは、介護だけに専念できる環境にある人はほとんどおらず、多くの人は育児や家事、仕事をこなしつつ介護をしていますから、とても忙しいです。
そういった中ではどうしてもいろいろとミスも出てくることがあります。

介護中に意外と多いミスとしてあるのが薬の飲み忘れです。
医師から処方されている薬を飲んでいる人はとても多く、さらに人によっては薬が数種類あり、なおかつ飲むタイミングもいろいろと別れていて複雑なこともあります。
そうするとついついうっかりと飲むことを忘れてしまったり、どの薬をどのタイミングで飲ませるのか混乱して間違えてしまったりということも出てくることがあるのです。

薬の量によっては介護者では管理しきれず被介護者がきちんと管理する必要が出てきます。
飲み忘れによって体調不良を起こしてしまうこともありますから、そういったことが起きないようきちんと対策をしておくことが大切です。

薬の飲み忘れ対策としてできること

薬を飲み忘れないための対策は人によって様々です。
しかし、種類が多い場合にはできるだけシンプルで分かりやすい管理をする方が飲み忘れを防ぎやすくなります。

例えば、薬のパッケージにいつの薬か書いておいて忘れないようにするという人もいますが、これだと薬自体を確認しないと飲み忘れていることに気付けないです。
そこで、食卓や目立つ場所にピルケースにまとめていれておくと忘れにくいですし飲み忘れたとしてもどのタイミングで飲み忘れているのかがすぐにわかります。

作業としては面倒ですが、薬を受け取ったらそのタイミングでピルケースに用法用量通りに薬を配分していくのです。
そうすると必要なタイミングで決められた場所の薬を飲むだけでいいので忘れにくくなります。

また、ピルケースに入れる作業が面倒くさい、ピルケースだと小さくて管理がしにくいという人は、最近ではウォールポケットタイプのピルケースもあります。
これは目立ちますし、薬をポケットにいれておくだけなので仕分けも簡単です。

スマートフォンを活用する

ある程度生活リズムができている場合、飲み忘れを防ぐためにスマートフォンのアラーム機能を使って薬を飲むことを通知するのも一つの方法です。
食後の時刻に合わせてタイマーをかけておけばタイマーがなることによって薬のことを思い出すことができます。

スマートフォンであれば毎日決まった時間に確実にアラームを鳴らしてくれるので飲み忘れを防ぎやすいです。
被介護者も介護者もアラームが鳴ることで薬のことを思い出せるので簡単で管理もしやすいです。

在宅介護?それとも施設介護?選択のタイミングについて

在宅介護が無理になってきたら

在宅介護をしている中で、このまま在宅介護をすることは難しいかもしれないと感じることはあるものです。
常にだれかがそばにいて介助をしなければならなくなってきたり、介護と家庭や仕事の両立が難しくなってきたり、ということが出てくると自宅で介護を続けることはかなり難しくなってしまいます。

そういったとき、在宅ではなく施設に家族を預けことに罪悪感を抱く人も少なくないです。
しかし、実際には在宅介護を無理に続けていると被介護者も精神的にも肉体的にも限界が来てしまい体調を崩したり事故やトラブルを起こしたりする可能性もあります。
状況によっては施設入所も検討するようにしましょう。

在宅介護も施設介護もメリットとデメリットがある

在宅介護にも施設介護にもどちらにもメリットとデメリットがあります。
きちんと両者の特徴を確認し、自分たち、介護者、皆にとってベストな選択を選ぶことが大切です。

さらに、施設介護を選んだ際にも施設も一つだけではありません。
いろいろな施設がありますからどういった施設を選ぶべきかについても考える必要があります。

在宅介護の最大のメリットは住み慣れた環境で生活ができること、自分のペースで生活ができることです。
そのため多くの人は自宅で過ごせるほうが快適であると感じて在宅介護をできるだけ続けたいと考えます。

しかし、在宅介護を続けることは家族にも負担が生じてしまうものです。
介護は何年続くかわからないですし、時間の経過とともにどんどんと介護の内容もハードになっていきます。
そこで無理が生じてくるようであれば施設介護を検討した方がお互いにとって良い距離感で過ごせるようにもなってくるのです。

施設介護のメリットはやはり、プロが介護をしてくれる安心感があります。
自宅介護では介助方法もわからないことが多く、そうなってくると介護者がけがをしてしまう危険も出てきますが、施設ではプロが解除をするので事故のリスクは少ないです。
ただ、その分費用はかなり掛かってきますから金銭面での負担は大きくなります。

自宅介護と施設介護は人によって合っているものが違う

施設介護はかわいそう、というイメージを持っている人もいますが、そのようなことは決してありません。
中には施設介護で同じような年齢、状態の人たちと過ごすことで刺激を受けて元気になるという人もいますし、脳が活性化されて認知症予防ができる場合もあります。
毎日レクリエーションなどもあり楽しく過ごしている人も多いです。

ただ、コミュニケーションをとるのが苦手、一人で過ごしたいというタイプの人にはこういった生活は負担になります。
そのため人によってどちらが合っているかは違っており、介護者も被介護者も自分たちにベストだと思える選択をすることが大切です。