投稿者「ayamelog.net」のアーカイブ

入浴介助のコツと注意点

自宅での入浴介助は大変

お風呂に入ることは清潔を保つだけでなく、リラックス効果、安眠効果、血行促進などたくさんの良い効果があります。
褥瘡予防、感染症予防のためにもできるだけお風呂にはいれるようにしたいものです。

しかし、入浴介助を自宅で使用とするとかなり大変ですしケガの危険もあるのでできるだけ安全に気をつけて対処をすることが必要になります。
そこで自宅で介護をしている人は入浴介助のコツを勉強しておきましょう。

入浴介助の基本的な手順

入浴介助を行うにあたっては、まずは室温管理が大切です。
お風呂場や脱衣所は寒くなりがちですから、ほかの部屋と同じくらいの室温になるように25度くらいまで温めておきます。
また、お風呂に入る前にトイレを済ませ、体調が悪くないかの確認もしておくこともトラブル予防のために効果のあることです。

お風呂に入る前には転倒防止のために椅子を用意したり手すりにつかまったりすることが必要であり、そういった行動がとりやすい場所を選んで動くようにします。
洋服の着脱もリハビリになりますから、可能な部分はできるだけ本人がするようにしていくことが望ましいです。

お風呂に入る前に皮膚トラブルの確認をしてから入浴をします。
お風呂では椅子に座り、なおかつ手すりにつかまるようにすると中で滑りにくいです。
体や髪を洗う際には声をかけてから必ず行うようにしてからお風呂は上がるようにします。

お風呂から上がったら最初に足の裏を拭いてから全体を服用にすると転倒しにくいです。
服を着る際は立ったままではなく座ってからにします。
必要に応じて爪切りやクリームの塗布などをして、最後に水分補給とバイタルチェックをして体調の変化がないように気配りすることも忘れないようにしましょう。

入浴介助で注意するべきこと

お風呂に入るタイミングは空腹時や食後すぐは避け、胃腸が落ち着いているタイミングにするようにします。
また、熱いお湯は体への負担が大きいのでお風呂のお湯は40度ほど、暑い時期や血圧が高い人は38度くらいにしておくことも大切です。

お風呂に入る時間はあまり長くならないようにし、15分ほどで済ませるようにします。
浴槽に浸かる場合には5分ほどが望ましいです。
スムーズにお風呂に入れるよう事前準備はしっかりとしておきます。

脱衣所や浴室は物をできるだけ置かず介助がしやすいように環境整備をしておくとスムーズに動きやすいです。
転倒防止のための手すりだけでなく、万が一の店頭に備えてマットも用意しておくと安心できます。
お風呂の壁やいす、浴槽など肌が当たる場所はできるだけシャワーで温めておいた方がいいですが、転倒しないように濡らしすぎには注意をしましょう。

排泄介護の注意点と方法

在宅介護で大変な排泄介助

在宅介護で最もたいへんなこととしてあげられるものの一つに排泄介助があります。
やはり排泄はデリケートな問題であり、介護をされている人にとってもストレスになることが多いです。
また、ニオイはストレスにもなりやすく、排泄物処理とニオイとでストレスや精神的負担を感じる人も多くいます。

特にトイレでの排泄介助はかなり大変です。
きちんとポイントをおさえて行わないと転倒事故を起こす可能性もあります。
介護を行う前にはきちんと排泄介助の方法を確認しておきましょう。

排泄介助をする際の注意

排泄介助をする際、絶対に忘れてはいけないのが自尊心を傷つけないようにすることです。
自分一人で排泄ができないということは介護者にとってもストレスになっています。
恥ずかしい気持ちや情けない気持ち、申し訳ない気持ちを抱えながらも介助をしてもらっている人がほとんどです。

そこで、排泄介助をしている際には特に声掛けに配慮をする必要があります。
急がせたり失敗したことを責めたりするととても傷つきますし、精神的なダメージも大きいです。
できるだけ相手を傷つけないように言葉を選んで伝えるようにしましょう。

また、排泄での失敗をしないためにとオムツを使う人もいますが、できるだけオムツは避けるべきです。
オムツをつけることによっても自尊心は傷つけられますし、人によってはどんどんと排泄でオムツに頼ってしまうこともあります。
そこで、できるだけパットやリハビリパンツを使うようにして、オムツはすぐに利用するのは避けるべきです。

自分でできるだけ排泄ができるような環境を整えることも大切になってきます。
失敗をさせないためにも、こちらから声掛けをすることも予防策としては有効です。
毎日の排泄時間を記録しておくと、だいたいの排泄のタイミングがつかめるようになりますから、排泄のタイミングを見計らって声掛けをするようにすると失敗しにくくなります。

また、トイレも補助便座を活用したり、腰掛便座を用意したりして排泄がしやすいものを用意することも大切です。
人によって使いやすいもの、使いにくいものもありますからいくつか試してみてベストなものを取り入れられると理想的です。

また、トイレは使いやすいように環境整備をすることもポイントになってきます。
転倒防止の手すりやひじ掛けの設置、照明を明るくして手元や足元が見えやすくすることも有効です。

他にもトイレットペーパーを巻き取ることが大変な場合には一回分のトイレットペーパーを切り取って用意をしておいたりウェットティッシュを用意しておいたりすることもトイレが使いやすくなります。
毎日の排泄介助の中でできるだけ一人でうまくトイレができるようにするためにできることを模索してどんどんと取り入れてみましょう。

ポータブルトイレの選び方と使い方

高齢者にとって大切な介護用品、ポータブルトイレ

ポータブルトイレは高齢者が寝たきりにならないための大切なアイテムです。
自力で歩くことが難しくなってきても、できるだけトイレでの排せつをできるように配慮することが必要になってきます。
ポータブルトイレがあれば、介護者の目が届きやすいですし、トイレで起こるトラブルも回避しやすいです。

高齢者もやはり多くの人が自力での排せつを希望します。
そこでできるだけ自分で排せつができるようにするためにも適切なポータブルトイレ選びが大切です。

ポータブルトイレの選び方

ポータブルトイレにはいくつかの種類があります。
選ぶ際にはいくつかのポイントを考えて選ぶとぴったりなものが選びやすいです。

まずは利用する人にとって使いやすいかどうかを考えるようにします。
身体機能や自宅の生活スペースによっても置けるもののサイズは変わってきますし、同線の邪魔をしないものであることも大切です。
暖房機能やウォシュレットがついているものもあり、そういったものも人によってはついている方が便利なこともあります。

次に、被介護者が使いやすいものであることです。
これは特に掃除がしやすいかということが大切になってきます。
毎日のことですからできるだけ掃除がしやすく取り扱いやすいものの方が負担は少ないです。

最後にニオイ対策が冴えているものを選ぶようにします。
介護の中でストレスになるものの上位はニオイの問題です。
ニオイはかなり気になるものですし、嗅覚はストレスにダイレクトに刺激をしてきます。

ポータブルトイレのニオイ対策がされているものもあり、そういったものはかなりニオイも少ないです。
掃除がしやすく、自分でもニオイ対策がしやすいものの方がニオイは気にせず使えます。

ポータブルトイレの使い方

ポータブルトイレの使い方は介護者の状態によっても違ってきます。
トイレの介助が必要な場合とそうでない場合とで必要な介助方法は変わるので確認しておきましょう。

自分で排泄ができる場合には、手すりやひじ掛けといったものがあると介助は全く必要なく排せつできることも多いです。
やはり介護をしている人に対しても排せつ中は一人でしたい、見られたくないと感じる人もいます。
そこで極力一人でできるように配慮をし、転倒しやすいズボンだけはトイレの外で着脱したり、着脱だけ介助をして後は1人で任せるようにしたりしましょう。

介助が必要な場合にはトイレへの移動から介助が必要です。
手すりにつかまった状態で安定した体勢を取ってもらい、介助者がズボンをおろして座らせるようにしましょう。
あまりにも軽量なポータブルトイレの場合には転倒する可能性があるので注意が必要です。

下着・寝巻きを取り替えるコツ

下着や寝巻の取り換えは、アイテム選びで楽々出来る

下着や寝巻を取り換える際に、上手に着替えてもらうことが出来ず、苦労をしているという方も多いかと思います。
ですが、下着や寝巻の取り換えは、着替えやすいアイテムを事前に購入しておくことで、簡単に着替えてもらうことが出来るでしょう。

例えば下着の場合、マジックテープ式ですぐに着脱可能なタイプも多く販売されています。
本人が自分でも着替えやすいので、着替えの際に手間がかからずに済むでしょう。
下着の場合は、汗をかいたりしてすぐに汚れやすいため、頻繁に着替える機会が多いと言えますので、着脱を意識したアイテムを購入することが大切です。

また、寝間着の場合は、あまり着脱がしやすいと、寝ている間に簡単に脱げてしまいますので、着脱よりも、寝心地の良さを重視してください。
ある程度伸縮性があって、サイズに余裕があるタイプですと、着脱しやすく、寝心地も良いと言えるでしょう。
寝巻は、通気性、吸水性に優れたものを選ぶことも大切ですので、いくつか比較することをおすすめします。

本人に出来る所はやってもらうことも大切

寝巻下着替えは、本人に出来る所はやってもらうようにして、サポートをする形を取った方が、お互い気持ち的に楽でしょう。
介護者の状態によっても変わると思いますが、着脱しやすいタイプの下着や寝巻であれば、こちらが着替えを一からせずとも、本人が自力で着替えることも可能です。
ただ、やはり全て自分でとなると苦労する方も多いため、様子を見てお手伝いをするという形で、お着替えをサポートしていきましょう。

ボタン式などの場合、指が上手く動かせずに着られないという場合や、上からかぶるタイプの場合、肩が思う様にあがらないということも少なくありません。
この場合は、もたもたしているとそれこそ本人のストレスになりますので、かぶせて首が出る所まで行う、ボタンつけは行うなど、ピンポイントでお手伝いをする必要があります。

下着や寝巻はシーズンに合わせて定期的に取り換えましょう

夏場など汗をかきやすいシーズンは特に、定期的に下着と寝巻を取り換えないと、不快感を覚える方が多いでしょう。
特に下着は、気が付いたら汗でびっしょりということも少なくありませんので、衛生面を考えて、こまめに取り換えることが大切です。

汗をかきやすいシーズンは特に、半日に一回、朝起きたら一回、晩に一回など、タイミングを決めて着替えを行うことが大切です。
着替えを頻繁に行うシーズンのことを考えて、出来るだけ何着も着替えを用意しておくと良いでしょう。
最低でも4着以上はないと、洗濯をする時間がなく、着替えられなくなることもあります。