投稿者「ayamelog.net」のアーカイブ

下着・寝巻きを取り替えるコツ

下着や寝巻の取り換えは、アイテム選びで楽々出来る

下着や寝巻を取り換える際に、上手に着替えてもらうことが出来ず、苦労をしているという方も多いかと思います。
ですが、下着や寝巻の取り換えは、着替えやすいアイテムを事前に購入しておくことで、簡単に着替えてもらうことが出来るでしょう。

例えば下着の場合、マジックテープ式ですぐに着脱可能なタイプも多く販売されています。
本人が自分でも着替えやすいので、着替えの際に手間がかからずに済むでしょう。
下着の場合は、汗をかいたりしてすぐに汚れやすいため、頻繁に着替える機会が多いと言えますので、着脱を意識したアイテムを購入することが大切です。

また、寝間着の場合は、あまり着脱がしやすいと、寝ている間に簡単に脱げてしまいますので、着脱よりも、寝心地の良さを重視してください。
ある程度伸縮性があって、サイズに余裕があるタイプですと、着脱しやすく、寝心地も良いと言えるでしょう。
寝巻は、通気性、吸水性に優れたものを選ぶことも大切ですので、いくつか比較することをおすすめします。

本人に出来る所はやってもらうことも大切

寝巻下着替えは、本人に出来る所はやってもらうようにして、サポートをする形を取った方が、お互い気持ち的に楽でしょう。
介護者の状態によっても変わると思いますが、着脱しやすいタイプの下着や寝巻であれば、こちらが着替えを一からせずとも、本人が自力で着替えることも可能です。
ただ、やはり全て自分でとなると苦労する方も多いため、様子を見てお手伝いをするという形で、お着替えをサポートしていきましょう。

ボタン式などの場合、指が上手く動かせずに着られないという場合や、上からかぶるタイプの場合、肩が思う様にあがらないということも少なくありません。
この場合は、もたもたしているとそれこそ本人のストレスになりますので、かぶせて首が出る所まで行う、ボタンつけは行うなど、ピンポイントでお手伝いをする必要があります。

下着や寝巻はシーズンに合わせて定期的に取り換えましょう

夏場など汗をかきやすいシーズンは特に、定期的に下着と寝巻を取り換えないと、不快感を覚える方が多いでしょう。
特に下着は、気が付いたら汗でびっしょりということも少なくありませんので、衛生面を考えて、こまめに取り換えることが大切です。

汗をかきやすいシーズンは特に、半日に一回、朝起きたら一回、晩に一回など、タイミングを決めて着替えを行うことが大切です。
着替えを頻繁に行うシーズンのことを考えて、出来るだけ何着も着替えを用意しておくと良いでしょう。
最低でも4着以上はないと、洗濯をする時間がなく、着替えられなくなることもあります。

陰部洗浄のコツ

陰部は定期的に洗浄をしないと、病気発症のリスクがあがる

陰部は、トイレなどの後にどうしても汚れてしまう部分ですので、キチンと洗浄を行わないと、不衛生になり、病気になるリスクがあがる傾向が有るでしょう。
介護をされているご本人ではどうしてもケアをしにくい部分ですので、介護をされているご家族が、衛生管理を行う様にすることが大切です。

トイレが終ったあとはもちろんですが、お風呂での洗浄の際にも、きちんと丁寧に洗うことが重要になります。
高齢になると丁寧に洗浄しているつもりが、洗浄残しが出ていることも少なくありませんので、注意が必要です。

洗浄をする際には、男性女性問わずに、トイレの後に済ませるようにしましょう。
尿の後は、固く絞った濡れタオルで、便の後は、お湯を使って洗い流すようにすると、きれいにすることが出来るでしょう。
ウォシュレットの機能を使っても、簡単に洗浄することが出来ます。

自分でできることは自分でしてもらいましょう

洗浄をサポートする際に気を付けないといけないのが、出来るだけ早く、ササッと済ませるということです。
あまり長時間陰部を露出しているのは、本人も一番辛いですので、出来るだけ丁寧に行うこともそうですが、スピーディーに行うようにしましょう。

また、自身で出来る所は自身で拭いてもらった方が、本人も恥ずかしい思いをせずに済みます。
本人をさりげなくサポートしながら、様子を見つつ、自身で陰部の洗浄を行ってもらう様にしましょう。
濡れたままですと風邪をひいてしまったり、蒸れてしまいますので、しっかりと水分を拭き取ってあげることが大切です。

場所が場所ですので、出来るだけ本人に拭いてもらうようにした方が、本人も恥ずかしい思いをせずに済むでしょう。
また、ご家族が洗浄をするという際には、室温を暖かくして、風邪をひかないようにサポートすることも大切です。

保湿ケアや利用する洗浄剤に気をつけて

洗浄をした後は、必要に応じて保湿ケアを行い、乾燥してしまわないようにしましょう。
乾燥した状態で長時間いると、陰部が擦れてしまい、ダメージを負うことも少なくありません。
必要に応じて保湿クリームなどを渡して、自身で塗ってもらう様にしましょう。

また、洗浄剤が強いと、デリケートな部分ですので、かぶれてしまう可能性があります。
固形せっけんや専用の洗浄剤などを使って、デリケートな部分でも使えるように、ケアを行う様にすることが大切です。

陰部洗浄の際にはこのように、いくつか用意するべきアイテムもありますので、事前に色々と準備をしておきましょう。
また、本人の意志を尊重して、必要に応じてサポートをする様に心がけることが大切です。

寝たまま洗髪するコツ

寝たままシャンプーを取り入れて介護を簡単に

介護の際に入浴補助をする必要がありますが、毎日の入浴は、ご本人もご家族も負担となると考えている方も多いようです。
そんな時は無理をせずに、ベッドで寝転がっている状態のまま出来るシャンプーを取り入れるようにすると、介護生活が楽になるでしょう。

寝転がったまま洗浄をする際にはまず、洗面器を用意してください。
出来るだけサイズが大きい、深さがあるタイプの洗面器が二つあると良いでしょう。
洗面器を用意したら、後頭部の下に洗面器を置いて、美容院のように、仰向けの状態のままシャンプーを行っていきます。
この時、背中の後ろにクッションなどを入れて背中をあげると、安定して洗うことが出来るでしょう。

洗面器の中に40度くらいのお湯を入れて、後はその状態のまま、洗髪を行っていきます。
お湯を使って髪の毛の汚れを落とし、シャンプーをした後、お湯ですすいでいきます。
溜めたお湯が汚れた場合は、一度お湯の入っている洗面器を流しに行き、新しいお湯を張ってください。
この時、もう一つ用意した空の洗面器を頭の下にさっと入れれば、布団をぬらさずに済みます。
すすぎが終ったら、洗髪の完了です。

シャンプーをしたらよく乾かして

シャンプーをした後は、濡れたままですと冷えてしまいますので、必ずドライヤーで乾かしてください。
ドライヤーを長時間同じところに当てていると熱くなってしまいますので、片方の手で確認をしながら乾かすことが大切です。
介護をされているご本人は熱くても伝えられないという場合もありますので、ご家族が意識して確認をしておくようにしましょう。

乾かす際にはタオルを使って水気をふき取りながら、髪の毛を乾かしていきます。
タオルドライをした後にドライヤーをすると、ドライヤーの時間を短くすることが出来るでしょう。

洗わないシャンプーを使う方法も

とりあえずつなぎとして行うのであれば、洗わないシャンプーを使うこともおすすめです。
水を使わずに頭皮をさっぱりとさせることが出来るタイプのシャンプーで、簡単にすっきりとさせることが出来るでしょう。

ブラッシングをしてから、洗わないシャンプーを使った後、ブラシを使って髪の毛の汚れを落とすだけで出来る簡単な洗髪方法ですので、とりあえず簡単に行うのであれば、こちらも一つの方法です。
ただし、こちらはあくまで応急処置ですので、毎日となると難しいでしょう。

数日の入浴の合間合間に活用するくらいの気持ちで、利用するようにしてください。
寝転がりながらでも、簡単に出来る方法はいくつかありますので、ご本人とも相談して色々と試してみると、介護生活の負担を減らすことが出来るでしょう。

介護で人間関係のトラブルがあったときのコツ

介護は人間関係のトラブルが起きやすい

ご両親の介護、義両親の介護など、高齢者のご家族がいる場合、そのご家族が介護を行うことは少なくありません。
介護の度合いにもよりますが、重度の介護が必要となると、マンツーマンで対応することも増え、人間関係でトラブルが生れることも少なくないでしょう。

人間関係がこじれる原因は色々とありますが、介護疲れによるストレス、自分で上手く体を動かせないことによる八つ当たりなどが原因で発生するケースが多いでしょう。
特に、ご家族の誰か一人に介護を押し付けてしまっている場合は、人間関係のトラブルが起きやすいと言われています。
また、他に頼る人がおらず、仕事を辞めて介護をしているという方の中には、将来に不安を感じて、無理心中を図るような危険はケースも少なくありません。

介護されている本人のためにも、介護しているご家族のためにも、事前に色々と相談をすることが大切になるでしょう。

誰かに相談、誰かに頼むということが大切です

介護は、1人で抱え込んだら間違いなく潰れるものと思ってください。
ご家族に介護を任せきりにしているという方の場合は特に、いつ何時その人が潰れてもおかしくないということを、頭に入れておきましょう。

介護は、家族や親族、誰かに相談をして、複数人で助け合いながら行うことが大切です。
場合によっては、その日の担当を決めて、必ず介護のお休みが出来るような日をお互い設けるべきでしょう。

介護をしているご家族にストレスが溜まると、介護を受けて居るご本人もストレスになり、結果として最悪な事態を招きかねません。
気が付いた時には取り返しがつかない事態になっていた、となる前に、介護は必ず分担して、辛さを抱え込まないで行う様にしましょう。

専門機関を利用することも考えましょう

頼れる家族がいない、マンツーマンでやらざるを得ないという場合。
在宅介護ケアサービスなどを利用することも大切です。

毎日ではなく、週に何度か来てもらって、自分自身の気晴らしをする時間を設けるだけで、介護の負担は大きく減少します。
根を詰めて行うと何事も潰れてしまいますので、人間関係が悪化する前にも、専門機関に頼ることを考えましょう。

お金がかかることを懸念される方もいるかもしれませんが、介護保険に加入をされている場合、介護認定ランクに合わせたサービスを受けることが可能です。
こちらは申請などが必要になりますが、場合によっては、格安でサービスを受けられるようになりますので、ご家族の負担は大きく減るでしょう。

このように、専門機関に頼るということも、人間関係のトラブルを起こさないために、非常に重要なポイントとなることを覚えておいてください。